UPSSテスト設備のご紹介(京都本社)

設定条件

炉内温度 ・バッチ炉、窯:~1000℃程度
・コンベア炉:~500℃程度
※上記温度以上での使用時は要確認・相談。
※投入時温度は作業者の安全性を考慮し500℃にて実施いたします。ご了承ください。
投入過熱蒸気量調整 炉内投入する過熱蒸気量を調整することが可能です。
事前炉内昇温 あらかじめ炉内温度をご指定の温度まで昇温いたします。

異種気体投入

酸素・窒素等 過熱蒸気以外の気体の投入

加熱した(常温でも可)酸素や窒素といった過熱蒸気以外の気体を投入可能です。
常温から炉を加熱する際やサンプル投入時の結露防止、サンプルの酸化防止等の目的で使用可能です。

UPSSテスト用ボックス(小)

ボックス(小)内詳細

UPSSテスト用ボックス(大)

ボックス(大)内詳細

UPSSテスト用窯

UPSSテスト用窯

UPSSテスト用コンベア炉

コンベア炉詳細

このページの先頭へ