UPSSの特長

1200℃の超高温過熱蒸気を発生 ※

業界トップクラス、1200℃の超高温過熱蒸気を発生させます。
これにより、従来の過熱蒸気ではできなかった加工や処理ができる他、従来より作業時間や生産ラインの短縮が可能になります。

※各シリーズ1,200℃タイプでの最高温度
※Dシリーズはノズル配管温度

蒸気温度精度±1℃と、緻密な温度制御が可能

独自の温度制御システムにより、蒸気温度精度±1度と極めて緻密な温度制御が可能な為、被加熱物の品質が安定します。

95%の高い熱効率で、ランニングコストを削減

一次コイルや鉄芯の熱損失も水の予熱に利用することで、95%の高い熱効率を実現。
省エネ・省資源を実現し、運用コストを削減することが可能です。

※Wシリーズ、Sシリーズは蒸気発生量20kg/h以上の製品に限る。

独自の変圧器による誘導加熱方式のため、電波法の規制を受けません。

独自の変圧器による誘導加熱方式であることから、電波法に規定される高周波利用設備の設置許可が不要となり、設置場所をばず、装置の横に個別に設置することが可能です。
また、誘導加熱のメリットである商用周波の利用が可能です。

その他の特長

簡単なメンテナンスで運用コストを削減

メンテナンスは、配管清掃とバルブ交換のみ。
メンテナンスに特別な技術が必要ないので、メンテナンスコストを低く抑えることができます。

※Dシリーズはノズル交換となります。

少ない法規制

簡易ボイラーのため、取扱い免許が不要です。
また、電気と水のみを使用するため可燃物を使用しません。
環境性・安全性に優れ、操作も簡単です。

誘導加熱方式だからできる昇温

誘導加熱方式だからできる昇温で、起動時間は約20分。
素早い起動で作業のリードタイムを低減します。

※1,200℃タイプは除く。

過熱蒸気発生装置UPSSパンフレット ダウンロードフォームはこちらから

トクデン株式会社〒607-8345 京都市山科区西野離宮町40番地(山科郵便局私書箱6号) TEL:075-581-5691 FAX:075-581-1596

  • 導入試験・工場見学申し込み
  • お問い合わせ
このページの先頭へ